FeliMedix

用語集- GLOSSARY -

MERS(中東呼吸器症候群)

中東呼吸器症候群(MERS)は、平成24年9月以降、サウジアラビアやアラブ首長国連邦など中東地域で広く発生している重症呼吸器感染症です。また、その地域を旅行などで訪問した人が、帰国してから発症するケースも多数報告されています。元々基礎疾患のある人や高齢者で重症化しやすい傾向があります。MERSは、MERSコロナウイルス(MERS-CoV)というウイルスによって引き起こされます。また、ヒトコブラクダが、保有宿主(感染源動物)であると言われており、MERSが発生している中東地域では、ラクダと接触したり、ラクダの未加熱肉や未殺菌乳を摂取することが感染するリスクがあると考えられます。また、発症した人と濃厚接触した人での感染も報告されています。これらは、咳などによる飛沫感染や接触感染によるものであると考えられています。症状は、発熱、咳嗽等から始まり、急速に肺炎を発症し、しばしば呼吸管理が必要となります。中東地域に行ってラクダに乗るなど、MERSに感染するリスクのある行動を取る場合には注意が必要ですが、出来るだけラクダとの接触を避けることが大切です。

投稿者

小野正文 教授(医師・医学博士)