FeliMedix

用語集- GLOSSARY -

クローン病

クローン病は、潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患(IBD)の一種で、口から肛門までの消化管全てにびらん(ただれ)や潰瘍(粘膜の下の層までえぐれた状態)などの慢性的な炎症が生じる病気で、特に小腸と大腸での発生が多くなっています。症状は腹痛、下痢、発熱、体重減少、疲労感などが含まれます。病気の進行により、腸壁に潰瘍や瘢痕・狭窄が起こることがあります。発症は、男女比では2:1で、男性が20~24歳、女性が15~19歳を発症のピークとし、多くが10歳代~20歳代の患者さんです。
クローン病の原因ははっきりとはわかっていませんが、免疫系の過剰な反応や遺伝的な要因、環境要因が関与すると考えられています。治療には5-アミノサリチル酸薬(5-ASA)製薬などの抗炎症薬、副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制剤、抗TNFα受容体拮抗薬など注射薬、栄養療法、手術などがあり、症状の軽減や寛解、合併症の予防が目的です。治療は患者の症状や病気の進行具合によって選択されます。クローン病は一生涯続く慢性疾患であり、定期的な医療管理や生活習慣の改善が重要です。

投稿者

小野正文 教授(医師・医学博士)