FeliMedix

用語集- GLOSSARY -

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、大腸(結腸)と直腸の粘膜(内壁)に炎症や潰瘍(傷)が生じる慢性の炎症性疾患です。自身の免疫が誤って体内の健康な組織を攻撃して炎症を引き起こすことが主な原因と考えられていますが、遺伝的要因や環境要因が関与するとも考えられています。明確ではありません。この炎症で大腸の内壁が赤く腫れ、潰瘍ができるため、下腹部の痛みや腹痛、下痢、血便などの症状が現れます。体重減少や貧血などを来すこともあります。発症年齢のピークは男性で20~24歳、女性では25~29歳ですが、若年者から高齢者まで発症します。男女比は1:1で性別に差はありません。 
治療は5-アミノサリチル酸(5-ASA)などの抗炎症薬や副腎皮質ステロイドなどの免疫抑制薬、栄養療法、手術などが行われます。潰瘍性大腸炎は慢性の疾患のため、継続的な治療や生活習慣の改善も重要で、症状の管理や再発予防に努めることが大切です。 

 

投稿者

小野正文 教授(医師・医学博士)