FeliMedix

用語集- GLOSSARY -

胃がん

胃がんは、胃の粘膜(内壁)から発生するがんです。主な原因は、ヘリコバクターピロリ菌の感染や、長期間にわたる胃の炎症、遺伝、飲酒、高塩分食などが関与すると考えられています。初期段階では症状が現れにくいのですが、進行すると胃痛、体重減少、吐血、黒色便などが見られます。早期発見が重要なため、定期的な検診での上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)が有効です。また、ヘリコバクターピロリ菌の除菌や生活習慣の改善が重要です。治療は内視鏡治療、手術、抗がん剤など、がんの大きさや転移の状況などのステージにより選択されます。内視鏡治療の段階で見つけるためにも、定期的な専門医による胃カメラ検査が大切です。

投稿者

小野正文 教授(医師・医学博士)